子どもの可能性は無限大 Kids-Infinity

武道系を習わせたいと思っています、お勧めは?

482View

小学校3年生の息子がいますが、武道系を習わせたいと思っています。
近くに武道館があって、柔道・空手・合気道・少林寺拳法の教室があります。

目的は
・気が弱い、消極的
・スポーツが得意ではない
・体力がない
を解消などが解消できたらと思っています。

両親ともに格闘技系の経験や知識はなく、柔道くらいはどのようなスポーツかテレビなどで見たことありますが、合気道や少林寺拳法などはどのようなものか全くわかりません。

全くの初心者へお勧めの武道や教室選びのポイントなどを教えて下さい。

ジャンル

柔道 空手 合気道 少林寺拳法

2018/07/24

投稿者のみ修正・削除が出来ます。

1 件

疑問・悩み「なんでも相談」回答・コメント 一覧

少林寺拳法

66good

少林寺拳法で少年部を指導しているものです。
小学生に習わせたい武道としては様々ありますが、少林寺拳法を始める動機として、質問者さまのお子さんのような動機が一番多く、道場には似たようなお子さんが沢山います。
それぞれの武道を親子で見学、体験して、お子さんの意見を聞き、最終的には親御さんがお決めになると思いますが、それは、その道場の雰囲気が、親御さんの気質に合っているかによります。

少林寺拳法の練習、試合には、「勝ち負けを競う試合がない」です。
親御さんは見学されていても、「勝て!」「やれやれ!」等の声援は全くありません。
見るからに強そうな子、ヤンチャで元気な子、またそういった親御さんは、勝ち負けを競う武道を選択されるかと思います。

「武道を習わせたら、気も強くなって、積極的になって、体力もついて、いじめられないようになるかも」という考えも安易です。逆に力の差に委縮してしまうこともあり得ます。
やはり気が小さい、気が弱い子は、いくらやっても気が弱いです。
では、何が気を強くしてくれるかといえば、それは「自信」です。自信をつけさせることです。
しかし、「試合」はやって勝てれば自信になりますが、敗ければ自信を失います。
元々負けず嫌いな子なら逆境をバネにできますが、そういう子は消極的ではありません。

少林寺拳法という武道は「自信と勇気」、「行動力と思いやり」を育てる「修行」です。
目的は「自信」をつけることであり、「勝ち負け」にはしていません。
少林寺拳法は、突き蹴りの剛法、投げ締め固めの柔法、剛柔一体の技が数百あります。
これらを護身の拳技として、時間をかけて身につけ上達することで、何にも負けないという「自信」をつけることが目標です。親御さんも、そういう認識で向き合って頂く必要があります。
そして、その「自信」を持つことで喧嘩や暴力を避け制することができ、困っている人をも助け、社会人とし強くて正しく生きていける「人間を育てる」ことを目的にしています。人生最後まで正義の味方として強く生きて行ければ、勝ちと言えるかもしれません。

参考になった!

2018/07/27

投稿者のみ修正・削除が出来ます。

みんなの印象・イメージ

子ども向け習い事を始める時に皆さんがお持ちの印象・イメージを集計した結果です。 習い事探しの参考にしてください。

みんなの印象・イメージを見る

疑問・悩み「なんでも相談」

子どもの習い事についての疑問・悩みは一人で考え込むより、皆さんに聞いてヒントを貰いましょう。

質問を投稿する

子ども習い事の記事

公式Twitter

Follow @_kidsinfinity